本文へ移動

TT様/金沢市

外壁貼替え ビフォーアフター

before
after
外壁サイディング貼替え工事です。
上下で貼り分けしました!

​以前の建物は外壁内がアスファルトフェルトで防水されていて湿気が抜けず、サイディングに黒いシミが現れたり、割れがある状態でした。
今回は通気工法(↓下部参照!!)に下地を直し、サイディングを貼り変えました!

工事途中で事件が発生!
タイルの浴室部分の外壁を剥がすと、土台・柱が腐りほぼ無い状態に!!追加工事で洗面脱衣室と浴室をの改装工事を行うことになりました。

外壁改修工事の場合、既存の外壁の上に下地をし金属サイディングを貼るカバー工法がありますが、今回のように外壁にシミや割れなどがある場合は下地が腐ったり構造体にも劣化が進んでいる事があります。

​倭建設では
『建物は構造や下地が大事』と考えていますので、外壁改修の場合は見た目のリフォームだけでなく、メンテナンスの意味でも外壁を剥がして貼りかえる改修をおすすめしています!!
(もちろん現在の建物の状況を見て判断しご提案します!!)

外壁ビフォアー

真ん中の窓の横の外壁面に黒いシミが出来ています。
​土台水切り上のサイディングは割れや欠けが生じてます。

通気工法

タイベック(透湿防水シート)の上に通気工法で下地をします。
倭建設では通気胴縁は使わずに​縦方向に一度木下地をし、横方向に胴縁下地をします。手間はかかりますが、しっかりした下地になります。

通気工法は、タイベックにより外部からの水を防ぎ、壁内部の湿気を通して通気層を設けることによって湿気を外へ逃がします。
とても大事な工法です!!

玄関

玄関ドアをドア自体に開閉式の窓がついている通風ドアに取替えました。
玄関ポーチの天井は米ヒバの羽目板で落ち着いた温かい雰囲気になりました。
玄関廻りは一見タイル貼りに見えますがサイディング貼りなんです!
 
お問い合わせはこちら
076-269-1203
業務に関するご相談やご質問など、
お気軽にご連絡ください。
メールはこちら
0
1
9
3
7
5
TOPへ戻る